スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ユーザー生放送その2

 昨日の生放送の混雑はヤバかったが、実際には自分の生放送が終わった後の混雑も凄かったらしい。
ほんとに放送枠問題なんとかならないだろうか。
放送枠を増やすのもそうだけど、「間接的に放送枠を取れるようにする」案でも良いので実装してほしい。

例・テスト放送専用枠を用意。

など。こうすればテスト放送で50枠の何個かを消費せずに済む。
俺も含めて誰もが何度かテスト放送するので、これからも確実にテスト放送あることを考えれば、作ってもよいと思う。・・・まぁ何かデメリットあるかもしれんから何とも言えないが。

昨日の生放送で3rdをプレイ。
今後3rdをやる場合、最大難易度CPUで行きたいと思います。

【12/22ニコニコ(ββ)始動!】
ユーザー生放送の仕様の変化があります。

・全体に公開生放送か、コミュニティ限定かがクリックする前から分かるようになった。
・視聴者にも配信開始してから何分何秒経過したか分かるようになった。
・サムネイルの時点で累計来場者数と総コメント数が表示される。
など大半はプラス方向の改善。


・生放送時の最大視聴人数について変更有り。
従来「配信元のコミュニティの最大参加人数+50人」
現在「最大視聴可能人数がまったくの不明。ただし席数が残り少なくなると『あと○席』と表示される」
ちなみに満席になると「満席」と書かれるらしい。(俺は見たことない。)
 でもジロウが見た感じ、「配信元のコミュニティの参加人数」or「配信元のコミュニティの最大参加人数」ぐらいの数字だと思う。あくまでジロウの勝手な勘です。

また、「公式の生放送」がある場合、「放送枠50個」という枠を更に減らすらしい。(実際には放送枠10個とかになるらしい。)

また本日行われるような「大ニコ城)」(2万人収容可能)で公式生放送がある場合、以前通りユーザー生放送はできなくなる、とのこと。
スポンサーサイト

連絡事項

【連絡事項】
 ニコニコ大百科の「ジロウ」に関する記述の9割方を削除しました。
現在は「ジロウとはゲーム実況者の1人」というものと、関連動画&関連コミュのみの記事となっています。

【大百科削除理由】
 元々「ジロウ」に関する記事の記述は自分自身(つまり俺)で書いたもので、当初は「次のpartで大百科のことを紹介しよう。その時例題の1つとしてジロウの記事を自筆したこと含めて説明しよう。」というつもりでした。(その程度しか考えてなかった。)
結果的に大百科及びジロウの記事を紹介することは無かったものの、一応ジロウの自己紹介程度の文章になっていたので「わざわざ自分で書いた、と言うほどでもないか。」と、そのまま放置してました。

・・・して今日。
某有名実況者の炎上騒動について知りました。
批判の内容の大半は(某有名実況者が自身の)「過去の犯罪を堂々と自慢したことについて」などでしたが、その中に「大百科の自身の記事を編集」というのも批判対象(?)になっていたので、今日慌ててジロウに関する大百科記事を削除させてもらいました。

 自分は上記の実況プレイヤーほど有名でも無ければ根本的に「ジロウ」という記事がどれほどの人間に読まれているかも謎。
また、(当該記事を読まれてる人数が少ないのも手伝ってか)特にジロウ記事に関してクレームなどはついてなかったのですが、気になったので削除させてもらいました。

 俺はニコニコミュニティ然り、他のゲーム実況者然り、「素晴らしい」とか「面白い」とか「興味をそそる」と感じたものを紹介したり解説したりする人間なんだわ。(ここらへんはジロウのことを知ってる人は理解できると思う・・・・と信じる。)
その一環で大百科を紹介しようとしたものの、紹介せず今回の経緯に至った、ということです。(ごめん、なんかうまく文章書けない。)


【みんなへのお願い】
 ジロウが仮に他の方と生放送などを行った際に今回の事を突付かないようお願い致します。
自分ひとりの生放送では「仕方のないこと。事実」と受け止められる一方、
万が一生放送で共演者様が居た場合、その方あるいは共演者一同に迷惑がかかるので「共演者がいる生放送中の晒し及び荒らし」を控えて頂くようお願い致します。

・・・いや、むろん通常生放送時も荒らしとかもちろん嫌だからね?


【補足】
・「某有名実況者の炎上騒ぎ」と書きましたが、この件については何か聞かれても自分は事の真相とかわからないのでコメントを控えます。

・「つーか大百科の記事とかどうでもいいからロマサガ更新停止の理由教えろよ。」
停止してしまってごめんなさい。

・「ジロウってどんな人物?」→ジロウのことを知ってる人に聞いてください。その人が本当のことを言ってるのか嘘を言ってるのか、信憑性の判断は任せます。

生放送の魅力

 生放送の魅力について書いていきます。

【生放送の魅力・その1】
 技術的な問題は別として、「数秒のラグを除けばほぼリアルタイムに視聴者とやり取りができる。」
魅力についてはコレに尽きると思う。
「生放送なんだから、そんなの当たり前じゃんw」と思う人もいると思う。
俺も勿論承知していたが、実際に生放送を視聴者として見た時に、すごく面白く感動できた。

具体的には「視聴者が書いたコメントにすぐにうp主が反応できる」というところが、すごく面白い。
だってさ、「(ゲーム内の1シーンにおいて)その場所難しいよね」とコメントを書いたとしたら、

うp主「ホンマ難しいわぁ。皆さんすぐにクリアとかできました?」

視聴者1「できた」
視聴者2「できねぇw」
視聴者3「無理w」

みたいなやり取りがいとも簡単にできる。
 特に自分のコメントが読み上げられ、その返事をしてくれるソレはラジオ番組にハガキやメールを投稿して読まれるような嬉しさ(?)がある。
しかもラジオとかですら1週間とかタイムラグがあるというのに、数秒で返事が返ってくるので生放送はそれはそれは面白いんだぜ?(笑)

他には動画投稿とかだと、

視聴者「おまえはなぜ宝箱に気づかないんだw」

みたいな言葉を投げかける場面とかよくあると思う。
すでに収録してしまった内容だから通常は反応できないが、生放送なら

「え?この部屋宝箱あるの!?」
みたいに反応できるわけだ。


【生放送の魅力その2・体験談とか。】
 単純に人と人が出会える機会、場所が増えたことが嬉しい。

 先日、深夜に視聴者側としてジロウが生放送を覗いたんだわ。
んでよくある「テスト放送」みたいなタイトルがあって、たまたま偶然クリックしてみて覗いてみたんだわ。ちなみに座席番号1番だったぜ。1GETww(しかし生放送には1を超える座席番号0番が存在してたりするwwwうぇwww)

 そしたらまぁ普通に配信者の人が「これどうやったらいいんやろ?」みたいに試行錯誤してたわけだ。
数分してパラパラ人が徐々に集まっていって累計30人くらいまでいったのかな。
それもさ、深夜3時ぐらいとかで、ほとんど人が集まらない状況にも関わらず配信者と俺含む視聴者で
「取りとめもない話」で適当に盛り上がっていったわけさ。
いいよね、こういう雑談。
 その後、配信者は普段ニコニコ動画でモンハンの実況プレイ動画を挙げている、今生放送をしてるのはたまたま深夜に「生放送?なんじゃこりゃ?」ってことで試しに放送してみただけ、とか色々話したんだわ。
そして視聴者たちが「/paly sm subでBGMとして音楽流せるよ。」とか配信者にアドバイスとかして配信者もどんどん使い方を覚えていってさ。
 別にね、俺はこの配信者の人と知り合いでもないし、ファンだからこの生放送をクリックしたわけでもない。たまたま偶然クリックした。
でも俺の書いたコメントを何度も読んでもらえてすんげー嬉しかった。
まだその人のモンハン動画は見てないけど、俺はその人に好感持てたからその人のモンハン動画をマイリスト登録した。

 何が言いたいかって言うと、そもそもこの配信者と俺は出会うべくして会ったわけではなくお互いに偶然に偶然が重なって生放送でコメントでのやり取りをした。
今までだったらたぶんこの人と出会わなかったと思う。
なぜならば、俺はモンハン自体は大好きだがモンハン動画なんぞニコニコ動画の中で何個も何個もあるわけだし、俺が見てないモンハン動画なんても山ほどある。
 でもだよ、今まではモンハン動画でしか知り合えなかったのに「生放送を通じて知り合う」という新しい形で知り合った、出会えたよね。
これが嬉しい。

 それに配信者に魅力を感じれば「この人の動画、見てみようかな?」とも思えるしね。
少なくとも俺はそう思って、「普段挙げてる動画のタイトル教えてもらっていいですか?」と聞いた。

 そして嬉しいことに先日自分が生放送した際にも
「普段挙げてる動画を教えてください」とのコメントを頂いた。ほんとに嬉しい。
今まではロマサガに興味があるか、あるいはすでにロマサガを知ってる人たちにしか出会えなかったが、新しい形で他の人と出会えるようになった。これほど嬉しいことはない。(別に解説しながらを知って欲しいがためだけに生放送をやってるわけじゃないので、そこだけ補足しておく。)

どんな形であれ、どんなキッカケであれ、ジロウという存在を知ってもらえれば嬉しいんだ。
 ある種ニコニコ動画内の「ジロウ」って存在は「ロマサガに詳しい」以上でも以下でもない。
だからロマサガ以外のゲームをしてる時の姿とか見せられるから、それはそれでこっちの気が楽になるんだよね。つまりニコニコ動画内で且つロマサガ以外の話ができる場ができて嬉しかった。(ちなみにリアルの話は諸事情により「話さない派」なのでお許しください。チョコっとくらいまでなら大丈夫です。)



・・・とまぁ、色々書いたが、「生放送は生放送で色々欠点あるけど、色々面白いところあるよ。」ってのを紹介したかったので書きました。

俺の生放送に限らず、多くの人が生放送に挑戦してるのでまだ覗いてない方は見てみてはいかがでしょうか?

【オマケ】
 今後時々ジロウが生放送会場にいるかもしれません。
もし「別に見てあげても構わないわ。」って方は応援お願い致します。
幸い「解説しながら」で自分のコミュニティに多くの方が参加してくれたおかげで、(ジロウの小屋を配信元とすれば)

またある意味、「解説しながら」とは違う性格のジロウがいるので妙にハイテンションだったりするかもしれないけど引かないでね?
ローテンションのジロウもハイテンションのジロウもみんな「ジロウ」なので。

ちなみに生放送中では、
(自分に対して)「バカ!」とか「バカ野郎!」とか無茶苦茶叫んでました&叫んでますw

ではでは。

【ユーザー生放送について】仕様など解説。

 去る12月12日にニコニコ動画で
ユーザー生放送
というサービスを開始。

まぁ名前の通り生放送ができるようになった。
 面白そうなので挑戦してみたく色々ネットで調べようとしたものの、先日にサービスが開始されたばかりであったり、どの人も手探り状態で進んでいるので自分も手探りで挑戦することに。
とりあえず最低限デスクトップ配信できる状態にまでなったので、先日「生放送」に挑戦しました。

 結果から言うと概ね成功して、見てる人たちに楽しんでもらえたようで嬉しかった。
生放送でやった内容は、主にジロウが好きなSFCゲームをやる、という普通の内容。
SFCスト2、SFCマリオカートで生放送時間の8割くらいを占めてたとか。
生放送のことを色々書きたいが、語る上でユーザー生放送の仕様が大きく関わってくるので先に仕様を書いていく。

この仕様を事前に知っておけば、生放送を見た際にうp主(配信者)と距離がグっと縮められるし、事前に理解しておくとうp主側にも助かります。

【ユーザー生放送の仕様】(大百科からコピペ引用してます。)
・チャット部分はニコニコ動画同様、画面に流れる。
・sm番号指定で、他の動画を流すことが可能。ただしNMMで投稿した物や他の生放送は不可。
・メイン画面とは別に右下に小さくサブ画面で動画を流す事が可能。音量は別々にユーザーが調整できる。
・ニコ割りの部分を用いて、運営コメントが可能。
・NGコメント設定が可能。
・視聴者をコミュメンバー限定にすることが可能。
視聴者限界数はコミュニティレベルに比例し、最大でコミュ最大参加人数+50人まで同時に視聴できる。
現在放送中の生放送が50個あるとそれ以上新しい放送は出来ない。
・ニコニコ運営生放送が大ニコ城ホール(2万人規模)で行われている時は放送できない。
一つのコミュから同時に複数の生放送は出来ない。
放送時間が30分に限定される。(ロスタイムとしてその後も数十秒くらいは流せる。)


以下、細かい仕様や問題点。(大百科からコピペしたが、余りにも多いので割愛してるのもあります。正確な記事は大百科の「ユーザー生放送」の記事まで。)

30分の時間制限は放送開始からではなく放送する部屋を取った時からカウントされる。
・残り時間のカウントは無いので放送開始時間の表示から30分で計算しなければいけない。
・現在のコミュレベルに応じて現状で最大何人まで入室可能か表示されない。
・クリックするまでコミュメンバー限定放送かどうか分からない。
・来場者数は累計であり現在の入場者数は分からない。
・生放送の映像、音声は5~8秒程度の遅れが生じる。
・放送主の運営コメントは2~3秒程度の遅れが生じる。
・番号指定で動画を引用する場合毎回音量はデフォルトに戻る。
<以下、引用動画に関する問題や音量問題>
・引用動画最中に入場した場合、画面が何も見えない場合がある。
・引用動画する度に音量がデフォルトになる。
・前述の音量デフォルトだと、引用動画もそうだし、現在音量トラブルが多い。
まだ改善されてないので音量調整は各自視聴者側で行うこと。
・残りは「引用動画を見せると、視聴者の履歴に引用動画が残る」とか「16:9でも生放送だと強制的に4:3になる」とかそういう細かい問題。


【仕様考察】
 致命的な問題から小さな問題まで多々ある。
赤文字とかで書いたのは致命的な問題ですでに「支障」がでている。
まず上から説明していく。

「視聴者限界数はコミュニティレベルに依存する。」
当初は上限500人までだったり、コミュ参加の最大人数まで、とか制限あったが、現在は「配信元のコミュニティの最大参加可能人数+50人」となっている。
なので、今すぐコミュニティを作ってレベル1のコミュニティでも最低でも50人は見れる。
しかし、ちょっと人が多い時間だと結構50人越えてそうな時あるので未だに厳しい状況となっている。(当然、コミュニティレベルを上げるためには自分のコミュニティにプレミアム会員の人を入れなければいけない。厳しい・・・。)
 後述するが、コミュニティ1つにき1個の生放送が限界なので半端に「テスト用生放送」とかそういうコミュでテスト放送すると、同じコミュに入ってる他の人がテスト放送できないことに。
その結果、皆自分専用の生放送コミュを作るものの上限人数50人のせいで中々盛り上がらないことや、テスト用生放送コミュニティの乱立状態へと繋がっている。

・上記の上限人数問題や1コミュに付き1生放送などの関係で、すでに成長してるコミュを持ってる人はそのコミュを利用することがある。
 <例>俺はロマサガコミュニティを持ってるのでロマサガと関係のない「SFCゲームをやる」という内容でも、このコミュを使わせてもらっている。
生放送主はコミュニティの管理者でないといけない点や上記の問題点があるので、コミュと関係せずとも使う場合が多い。
 また本音を言えば今までコミュニティのうまい活用法などが見つからず、たとえ時間をかけてコミュニティレベルが上昇していって成長したとしても(コミュニティ自体が)放置され気味であった。
そこを運営が「コミュニティを活用しよう」という考えで今回の「生放送の配信元はコミュニティ毎にする」というふうになったおかげでコミュニティレベル高い人が優遇されるようになった。→以前からコミュニティを管理してる人にとっては嬉しい。・・・となる。

・・・というわけなので、ジロウのロマサガコミュで他のことを生放送する時あるので、それは許してください。(汗)
 また俺個人の「ジロウの小屋」について書けば、「ロマサガ好きな人が集まる」でもあるし、「ジロウやためこさんのことが好きな人が集まる」でも、どっちでも利用可能対象なので、この場合「生放送を通してジロウを知ってもらう」という意味で使っても問題無いとは思うのだが・・・・。
(要は、あくまで「参加する範囲」を決めるために「ロマサガ好き」と当初は定義してあるけど、実際にはジロウのことを好きな人からロマサガ好きまで誰でも良いってこと。)

・・・という理由を先に説明しときます。
たぶん仕様も絡んでいたりするので事前に説明しとかないとクレームがつきそうなので・・・。

仕様の説明に戻ります。

「生放送の同時放送できる限界数は50個」
 前述した問題も致命的だが、これも致命的となっている。
現在のユーザー生放送の数を見ていると、空いてる時間でさえユーザー生放送が20個~30個の数が放送されている。(平日の朝~昼間とか極端に空いてる時間は除きます。)
サービスが開始したばっかで物珍しさとかも手伝ってるし、何よりも皆手探りでどんな内容か調べているのでこの数には「テスト放送」も混ざっている。俺も何度もテストさせてもらった。
 空いてる時間でさえ、この生放送の数となっている。
なので(TVとは違うが)ゴールデンタイムとも言える夜の時間(19時~24時らへん?)は平日でも常態的に50個の生放送が行われてて51個目の生放送ができない状態になっている。
平日の夜ですら混雑してて生放送ができない状況。
「じゃあ土日の生放送はどうなるの?」となるのだが・・・もう絶望的だよね。(苦笑)

なので生放送の終わり際に視聴者から「またすぐ生放送やる?」と継続するかどうか聞かれる時があるが、たとえ「継続するよ」と約束してもこの制限のせいで生放送が出来ない時がある。
たぶんそれはうp主に用事ができて生放送できなくなったか、あるいは「生放送50個制限」だと思われるので、事前に理解しておこう。
<余談>
生放送中に50個制限の話をして、「50個制限とか、もし何かトラブって生放送できない場合、配信コミュニティのトップページに連絡します。」と説明したところ「おk」と理解してくれた人がたくさんいた。優しい視聴者たちで助かった。

・1つのコミュから1つの生放送が限界。
なので「生放送テストコミュニティ」というところに参加したとして、そこを配信元として自分が生放送を
行うと、生放送中は、他の「生放送テストコミュニティ」の人は生放送できない。
中には「生放送を行う際は掲示板に利用時間を書いてください。」みたいに工夫してるところもあるが、不便には変わりない。
→生放送にやり慣れると「自分専用のコミュニティが欲しい」という気持ちに繋がる。

・生放送時間は30分間という制限がある。
 「30分限界まで使える」or「30分限界まで視聴できる」とは思わないほうがいい。
「生放送の同時放映は50個」という制限があるわけだが、自分が「生放送の貸し部屋を確保」した時点で30分のカウントが始まっている。
事前に色々準備してあろうと放送するまで数分過ぎてしまうことは多々ある。
なのでまだ生放送をやり慣れてない場合、生放送する前に10分くらい消費してしまうことがある。
一応「ロスタイム」として、どこからカウントされてるかわからないが、30分過ぎても数十秒は放送できるが、過度は期待はしないほうがいい。
 生放送できる時間は少なく見積もって20分、多く見積もっても25分とか28分とかそこらへんが限界なので注意しよう。

・画質が荒い、映像がカクカクしている。
 これを書いてなかったので書いておく。
これはもう仕方ないです。どうしようもないです。
一応、専用の「更新ボタン」を押せば解決する問題もあるけど、基本的にカクカクして画像が荒いです。
うp主側(配信側)で「画質を重視にして、その代わりカクカク映像にする」か、あるいは「サクサク映像だけど、画質が荒いモザイク動画にする」か、ゲージバーがあって選べます。
まぁ、一般的に映像がよく動く場合、「サクサク映像が見れる、速度重視」にしたほうがまだマシです。・・・が、画質は荒い。
 ここらへんは、もう技術的に限界とかあるかもしれない。運営に期待はするものの難しいかも。
このデメリットがある代わりに「数秒のラグはあるものの、ほぼリアルタイムに生放送ができて、リアルタイムにうp主と視聴者でコミュニケーションが取れる」という最大のメリットが生まれているからなぁ。

また、50個という制限があるので、もっと同時生放送可能数を増やして欲しいわけだが、その一方「もっとキレイな画質でサクサク動けるような映像配信を可能にしてほしい」という要望もある。
・・・なんていうか、運営は情報量的に二重苦三重苦を強いられるだろうね。(苦笑)
これでもまだ「生放送はプレミアム会員のみ」と制限している状態。
一般会員にまで生放送可能になるので、もうしばらく先になると思われる。
あるいは生放送を見て生放送の魅力を知ってもらい、プレミアム会員を増やす作戦、とも捉えられるかw


 生放送の仕様について長々書いてしまい魅力が伝えられなかった・・・。
次の日記で生放送の魅力を書きます。



・・・ってかpart57待たせてごめんね。
解説しながらpart57は、いつも通り週末にアップロードしようと思います。
もうしばらくお待ちください。
プロフィール

ジロウ

Author:ジロウ
ずいぶんと可愛らしいブログの背景とか感じたら君の負けだ。

どうもジロウです。

白い猫ってのも可愛いね。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。