スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

part53アップ完了。

part53をアップロードしました。

【解説しながらプレイ】ロマサガ1part53【火の鳥】


【part53動画内容】
テオドールを救出した後、フラーマを救うためバイゼルハイムに向かう一行。
そしてついに本物テオドールと偽テオドールが対面!
「おまえが偽者なのは分かっているぞ。陰謀もこれまでだな。」
ミンサガ版のアルベルトはその場でハッキリと相手を指差し、偽者にハッキリと告げるシーンが印象的。
そして追い詰められた偽テオドールは「ではこんな窮屈な姿をしている理由も無いわけだ。」と本性をあらわし、現れるイフリート!!
そこで主人公PT対イフリートの戦いが始まる!!
戦いが終わった後は、騎士団領メンバーにお礼を言われる。

 そこで動画一旦区切れる。
次に、「もしバイゼルハイムから出たらどうなるのか?」というIFストーリーを解説。
結論から言うと、裏で糸を引いてたのはミニオンであった。(正確にはミニオンの1人であるヘイト。)
「騎士団作戦(の担当)指揮官である私の面目も立ったというわけだ。これも全て君がテオドールを見殺しにしてくれたおかげ。まったく素晴らしい”名誉騎士”だ。クックック。」と皮肉言う。
その場でミニオンは立ち去る。
→デスティニーストーンの一つであるルビーは手に入らない。
また騎士団領からテオドールとフラーマがいなくなる。

そこで動画は終了。10分程の内容。

戦闘と解説に時間を費やしており、ゲーム自体はそれほど進んでいない。(内容的には捕まってるテオドールを助け出し、ボスを倒して終わる。)



[動画では説明してない補足説明]
動画中でジロウは説明してないが、IFストーリーでミニオンが登場した時のストーリーは

テオドールとフラーマが死亡した、及び殺害されたことを表している。
(虎の巣など参照)

この「殺害される」ってのが面白い!
ゲーム中でこそ「見殺しにしてくれたおかげ」と表現を留めているものの殺害されたことを示している。
その結果、ルビーも手に入らず、フラーマとテオドールを救えないというSFC(WS)のみのストーリー。
ルビーが手に入らないってのはミニオンがディスティニーストーンであるルビーをフラーマから奪取したことも示しているわけだし、これは面白い。

ミンサガではレッドドラゴン倒した後、他の街に寄れるので宿屋で回復して万全の体制でイフリートに挑むようにしよう。
ちなみにバイゼルハイムに入った瞬間にイベントが発生し、イフリートとのバトルになる。なのでSFCやWSのような選択肢は無い。
だから、このIFストーリーってのは結構重要で面白い。

そして2点目。
今回テオドールをヘイトが操っていたわけだが、(と言っても途中でテオドールは正気に戻って投獄されるけど。)
重要なのは

・クジャラートで人々の心に入り込み、人々同士で戦い合わせ、かりそめのアサシンギルドを作ったミニオンの一人ストライフ
・テオドールを操り、バイゼルハイムへ侵攻し火のDSであるルビーを手に入れようとしたヘイト
・ミンサガでは四天王すらも乗っ取るミニオン3人

共通して言えるのは、人なり生物なり、
「ミニオン達は対象の精神を操るなり乗っ取ることができる。」
ということ。

正確にはクジャラート人には「闘争」という気持ちを人々に植え付けてるし、テオドールは「コンスタンツがいなくなって寂しくなった」とテオドールが精神面で弱くなった時に乗っ取られてしまっているので、人間や生物ならば誰でもあろう「心の闇の部分」を増幅させて乗っ取らせているみたい。

ちなみにワイルが策謀、ストライフが闘争、ヘイトが憎悪という精神の元に作られている。
だからワイルは丁寧口調で人々を騙して陥れたり、ストライフがミンサガではすごい乱暴口調になっている。ヘイトはなぜか狂っていますがwwwww

【余談】
ミンサガのイフリート戦で流れる Believing My Justice って曲はジロウも大好きな曲です!
「偽テオドールが正体を現した!!」というイベントの一番盛り上がる場所でこの曲の出だしは最高にテンションが上がります!
ミンサガでは熱情の律動ばかり有名(?)ですが、これも大好きな曲の1つです。
もちろん熱情の律動も大好きです。ちなみに「律動」と書いてリズムと読みますw

スポンサーサイト

comment

Secret

No title

いつもシコシコしながら楽しませてもらってますw
ロマサガ1の世界観の緻密さはぱねえなーとジロウさんの動画を見るたびしみじみします
v-107小説化してくれないかなーとおっと最後の一言は余計でしたね

No title

>塩磯さま
いるもシコシコ楽しんで頂きありがとうございますw
先日久しぶりにPS2のミンサガをやったのですが、やはりロマサガ1の世界は細かく設定されてて深いと今一度思いました。

今出てるもの以外でもミンサガの小説でてほしいと自分も思います。

No title

いつもながらうpお疲れ様です^^
楽しみながら見させてもらってます。
前回は随分批評がありましたが、私個人としては、
ああいった製作秘話みたいなのも楽しめて、全然悪くなかったなー
って思いました。
ジロウさんいつも応援してますので、がんばってください^^

僕もBelieving My Justice好きです^^
やっぱりイトケンは神すぎる^^

No title

> kakashi様
ああいう話でもよかったと言って下さりありがとうございます。
Believing My Justiceは大好きです!
あれはもう盛り上がりまくるww
イトケンはSFCでもPSでもPS2でもハードが変わっても、その素晴らしさが失われずどんどんパワーアップするのが素晴らしい!
プロフィール

ジロウ

Author:ジロウ
ずいぶんと可愛らしいブログの背景とか感じたら君の負けだ。

どうもジロウです。

白い猫ってのも可愛いね。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。